炭の総合情報サイト-カーボンジャパン
炭の歴史 炭の種類 炭の性質 炭の利用法
サイトマップ サイトポリシー 広告掲載について お問い合わせ

馬王堆古墳(まおうたいこふん)
人間の遺体が、2,000年以上も保存されていたというお話です。
1972年、中国は湖南省長沙市の郊外で発掘された古墳から、女性の遺体が発見されました。後の調査で、長沙国の烝相だった侯利蒼という人物の妻であることが判明しましたが、この遺体、今まで古墳から出てきたものとは様子が違いました。死後2,000年以上も経っているにも関わらず、ミイラ化するどころか、まるでほんの数日前に亡くなったような状態だったのです。
・肉や皮膚が完全に残っており、肌に張りがあった事。
・内臓も、死因や罹った病気が判るほどきちんと残っていたこと。(生前に心臓病、肺病、胆結石などを患い、狭心症に罹り、啖がつかえたために死んだそうです)
・胃袋内には、死ぬ何時間か前に食べたと思われるアマウリの種が176個残っていて、その種を蒔いたら発芽したこと。
など、常識では考えにくいほど新鮮で、担当した学者たちは調査の結果「死後、4日の状態を保っている」と発表しました。
このような現象の理由の一つとして、密閉された墓の周りを5tにも及ぶ大量の木炭が覆い、除湿していたことが考えられています。
日本国内でも、平泉中尊寺の奥州藤原氏三代のミイラなど、遺体の保存に木炭が使われていた例があります。
(c)2005 carbon-japan.com All Rights Reserved.