炭の総合情報サイト-カーボンジャパン
炭の歴史 炭の種類 炭の性質 炭の利用法
サイトマップ サイトポリシー 広告掲載について お問い合わせ


始まり
 炭と人類の関わりは、人類が火を使いだしたと同時に始まった石器時代初期(年代に直すと、実に約30万年前!大氷河期よりも前になります。)からと考えられています。その当時のもののほとんどは焚き火をした後に残る、いわゆる「消し炭」のみと考えられていましたが、愛媛県喜多郡の石灰石洞窟から発見された炭は、世界最古の加工木炭の可能性があるとして、学術的に大いに注目を集めています。

隆起・発展
 その後、弥生時代の後期(3世紀)になって鉄製の農機具が使われるようになり、その金属加工用に炭が使われるようになりました。当時の炭は、最も原始的な製炭法で作られた「ニコ炭」と呼ばれるもので、火つきがよく燃焼温度が高いのが特徴です。
 奈良時代に入ると、東大寺の大仏建立など鋳造としての用途の他に、暖房としての炭が重要視されるようになります。すると、従来の「ニコ炭」の火付きの良さよりも、長時間も燃えつづける「火持ちが良さ」が求められるようになり、炭窯で焼く「アラ炭」が生産されるようになりました。この傾向は平安時代に移るとますます顕著になり、唐から持ち帰られた製法で作られた、更に良質な「イリ炭」が広まりました。現在の備長炭にも通ずるこの製法は、空海が中国から日本に伝えたとする説が有力です。この頃に詠まれた、炭焼きの風景が詠われた短歌が数多く残されています。
 鎌倉時代以降、炭の需要はますます増え、炭焼き専門職や農家の副業としての炭焼き業が商売として確立され、同時に炭のみを扱って商いをする炭商も現れました。炭の品質も、室町期の「茶の湯」の隆盛により、需要者の厳しい要求を満たすため、著しく向上していきます。
 そしてついに江戸時代、紀州の田辺地方で非常に良質な白炭が開発されました。「備長炭」の誕生です。紀州藩が藩を挙げて製炭業を保護・育成したこともあり、紀州備長炭は現在に至るまで高い品質を誇っています。備長炭に負けない品質の炭を作るべく努力した藩も多くありましたが、機密扱いのその技術を入手することは容易ではありませんでした。例外的に、薩摩藩が使者を紀州藩に送り調査を行った記録が残されています。

衰退
 明治時代になると、紀州藩の炭の専売もなくなり、日向炭、土佐炭等の高品質な白炭が各地で生産されるようになりました。その後も炭の需要と供給はどんどん増加し、一般家庭でも料理や暖房の主燃料として活躍していましたが、ガス、石油、電気が普及する1950年代後半になるとその需要は減り、生産量も激減してしまいました(1950年/約220万t→1990年/約3万t)。
炭焼き職人も1960年前後の燃料革命と山林開発で多くが山を下り、現在60代後半を最後に、それ以降の世代は希少で、技術の継承が途絶える危機になりました。

現在
 従来、炭の利用法は @エネルギー A金属加工など炭素材料 の二つに大別されてきたのですが、近年、研究が進み炭の特性が解明されると、健康や環境に寄与する役目をも果たすようになってきました。環境問題が叫ばれる今、その解決手段の一つとして、炭を使った製品はあらゆるところで活躍の場を広げています。

(c)2005 carbon-japan.com All Rights Reserved.