炭の総合情報サイト-カーボンジャパン
炭の歴史 炭の種類 炭の性質 炭の利用法
様々なニーズに応える炭。こんなに沢山の使い方がありました。
サイトマップ サイトポリシー 広告掲載について お問い合わせ トップページへ
炭の利用法

部屋の消臭・除湿
家具に入れる
ベッドの下の除湿
靴・スリッパの除湿
床下の除湿
水に入れる
お酒に入れる
炊飯
煮物
魚焼きグリル
食用油
梅干・糠漬
食用炭
食品の保存
台所
お風呂の浄水
炭で洗濯
植木の土壌作り
物置の除湿
ペットの臭い消し
生ゴミを堆肥に
バッグ内の消臭
ヘルメットの消臭
車内の消臭・除湿
絵画の保存など
アウトドアに
酢液を使って燻製
美容と健康に
お酒に入れる
 炭の利用法も最近では定着しつつあり、浄水用の小さいものなら100円ショップでも手に入る昨今。「酒に入れてもうまくなるのでは?」と考えた方も多いでしょう。
事実おいしくなるのです。が、より効果的な使い方は、お酒によって微妙に違います。
ビールに
 家でも居酒屋でも、「とりあえずビール」って方、多いですよね。でも実は、ビールは注ぎ方にけっこう技術が要るお酒。最近、家庭用のビールサーバーが売れているのも、「家で飲むビールは物足りない」と思っている方が多い証拠でしょう。
そんな方にお勧めしたいのが、白炭ビールです。と言っても、グラスやジョッキに小指ほどの大きさの白炭を入れてからビールを注ぐだけ。白炭がビールの水分子を小さくし、お店で飲むようななめらかな泡立ちが実現します。自宅でお手軽に、のどごしのよいビールを楽しんでください。
日本酒に
 水もご飯もおいしくする炭が、水と米の芸術品=日本酒に合わない訳がありません。
辛口、甘口を問わず、不純物がどれだけ少ないかは、日本酒の味を決める一つの要素。日本酒1gに煮沸消毒した白炭を100gの割合で入れて、冷蔵庫で一昼夜。炭が不純物を吸着し、ワンランク上の冷酒がいただけます。入れた炭は一週間を限度に取り出してください。使った炭を水洗いして乾燥させれば、繰り返し使えます。
冬は熱燗で。上記のようにした後、さらに徳利の中に白炭をひとかけら入れてダメ押ししましょう。
ウィスキー・焼酎に
 ビール・日本酒で使ったテクニックが、ウィスキー・焼酎にも使えます。白炭を入れることで、味がまろやかになります。
・ボトルに100g程度の割合で、炭を入れて一昼夜(最長一週間)。
・グラスに小指大の白炭を入れてから、氷、お酒を注いでロックで。
ここまでは上記の応用ですが、ついでなら氷も炭で浄化した水で作り、さらに粋な脇役=マドラーも、白炭にしてしまいましょう。備長炭製のマドラーが市販されていますし、形や大きさがちょうど良いものがあれば、そのまま使っても良いかもしれません。
(c)2005 carbon-japan.com All Rights Reserved.