炭の総合情報サイト-カーボンジャパン
炭の歴史 炭の種類 炭の性質 炭の利用法
様々なニーズに応える炭。こんなに沢山の使い方がありました。
サイトマップ サイトポリシー 広告掲載について お問い合わせ トップページへ
炭の利用法

部屋の消臭・除湿
家具に入れる
ベッドの下の除湿
靴・スリッパの除湿
床下の除湿
水に入れる
お酒に入れる
炊飯
煮物
魚焼きグリル
食用油
梅干・糠漬
食用炭
食品の保存
台所
お風呂の浄水
炭で洗濯
植木の土壌作り
物置の除湿
ペットの臭い消し
生ゴミを堆肥に
バッグ内の消臭
ヘルメットの消臭
車内の消臭・除湿
絵画の保存など
アウトドアに
酢液を使って燻製
美容と健康に
食物油 -揚げ物・油の保存方法-
 炭を飲料水や炊飯器に入れるのはけっこうご存知の方は多いと思いますが、意外と知られていないのが、食用油と炭の取り合わせ。他の料理に使うときと同様に、揚げ物や天ぷらを揚げるときも、一度使った油を保存するときも、炭は活躍してくれます。なお、一度油に入れた炭は油専用と決め、10回ほど繰り返し使った後は、園芸用に埋めてしまいましょう。炭と油は燃焼温度が違うので、油の染み込んだ炭は燃料用には不向きです。
揚げ物をするときに
 煮沸消毒し、天日に干してよく乾燥させた白炭を、油を火にかける前から入れておいて、後は普通に調理してください。なかまでしっかり火が通り、衣はサクッとおいしくできます。
油の保存方法
 使った油を保存するときも、油ポットの中に炭を入れておくと、網や濾紙などでは濾過しきれなかった小さな不純物を吸着し、油の酸化を防止します。外気に触れないよう、密閉しておくとなお効果的です。
(c)2005 carbon-japan.com All Rights Reserved.