炭の総合情報サイト-カーボンジャパン
炭の歴史 炭の種類 炭の性質 炭の利用法
様々なニーズに応える炭。こんなに沢山の使い方がありました。
サイトマップ サイトポリシー 広告掲載について お問い合わせ トップページへ
炭の利用法

部屋の消臭・除湿
家具に入れる
ベッドの下の除湿
靴・スリッパの除湿
床下の除湿
水に入れる
お酒に入れる
炊飯
煮物
魚焼きグリル
食用油
梅干・糠漬
食用炭
食品の保存
台所
お風呂の浄水
炭で洗濯
植木の土壌作り
物置の除湿
ペットの臭い消し
生ゴミを堆肥に
バッグ内の消臭
ヘルメットの消臭
車内の消臭・除湿
絵画の保存など
アウトドアに
酢液を使って燻製
美容と健康に
部屋の消臭・除湿
 残業が続いていたり、一日電子機器に囲まれていたり、対人関係でうまくいかなかったり、とストレスの多い世の中ですから、家の中はリラックスできる場所であってほしいですよね。そこで炭を使って生活空間をより気持ちのいい空間にしてみませんか。臭いや澱んだ空気や余分な湿気を吸着し、アレルギーの一因であるカビやダニの発生を抑えます。ホルムアルデヒドやトルエンなどの化学物質を吸着する効果もあるといわれています。
玄関
 帰宅した際に自分の家の臭いを感じたことはありませんか?お客様がおこしになって最初に気になる場所です。玄関の臭いは靴に残った汗が酸化したものが主な原因なので、酸性の臭いに強い白炭が有効。炭の持つ効果で悪臭や湿気を吸い取ってくれます
素材のフォルムを活かした備長炭や竹炭をオブジェ代わりに玄関先に5〜6本置くのがおすすめです。
炭の効果は大体3ヶ月で交換が目安です。
リビング
 家族が集まる場であることや、キッチンからも近いことで臭いと湿気がこもりやすい場所です。ここにも炭をおいてみましょう。
・カゴに入れて置く(隠したいときは、フタつきのカゴに)
・壷に長めの炭を立てて入れる
・サイドボードの上に鉢などに入れて置く
・細かく砕いたものを灰皿に入れる。
・じゅうたんの下に炭シートを敷く
・炭シートを好きな形に切り抜いて、壁に貼る。
備長炭の壁掛けや置物、竹炭の風鈴なども、炭の自然なモノトーンの色合いと独特のフォルムでシックなインテリアになります。
寝室
 意外と換気ができていなくて、湿気がこもりがちな寝室。白炭を枕元や足元などにたっぷり置いておけば、空気清浄効果・脱臭効果・除湿効果が期待できます。良質な睡眠は健康の基本。キレイな空気の部屋で、ぐっすり眠りましょう。
トイレ
 家の中で最もにおいが気になるところです。化学薬品の消臭剤・芳香剤よりも、自然な炭で消臭してみましょう。主な臭いの原因であるアンモニアはアルカリ性なので、アルカリ性に有効な黒炭を部屋の隅に何本かカゴなどに入れ、立てておけば3ヶ月は大丈夫です。
また、貯水タンクの中に割ってみじかくした備長炭などをいれておきますと、水が洗浄され、水垢などがつきにくくなります。また、酢液を数滴加えた水でトイレまわりを拭いておくと消臭効果があり、強い酸性であることから防菌・防カビ効果が期待できます。
(c)2005 carbon-japan.com All Rights Reserved.